メニュー

「面積原価管理」、「知的資産経営」コンサルティングなら コヒーレント・コンサルティング

ご挨拶
初めまして、コヒーレント・コンサルティング代表 小山太一です。

日本は長いデフレからいまだに脱却し切れずにいます。

日本企業の生産性(ROE)は、欧米に比べ1/3という極めて低い水準に留まっており、今後の少子高齢化に伴う労働者人口の減少も合わせて考えると、現在における日本企業の最大の課題は、大企業、中小企業を問わず「生産性の向上」がキーである事は間違いありません。

コヒーレント・コンサルティングでは、

①SCMモデルの生産性を計るKPI:面積原価によって、SCMの仕組みにPDCAサイクルを組み込むことで、継続的なSCMの生産性の改善
②会社の強み=知的資産(人間力)を明らかにし、その継続的強化を図ることで現場力の抜本的強化

以上の2点のご支援をすることで各社の生産性向上に貢献致します。代表 小山 太一

 

経歴

1953年生まれ、福岡県出身
九州大学工学部修士課程修了


1978年 日本アイ・ビー・エム入社

SE、ERP導入コンサルを経て、2002年SCM業務コンサルタントとして自動車、電気・電子、機械、住設業界、大手製造業15社の改革プロジェクト立ちあげ、構想立案、現場定着など約20プロジェクトを経験


1996年 中小企業診断士登録


2013年 日本アイ・ビー・エム退職


2013年 経営コンサルタントとして独立(コヒーレント・コンサルティング設立)、今日に至る

 

著作

  だから製造業は儲からない

試し読み・ご購入はこちら

 

 

【面積原価・SCM関連】

月刊 ロジスティック・ビジネス 2016年1月号 –特集:物流KPI-   -「時間」考慮の新経営指標:面積原価 2016/1
月刊 ロジスティック・ビジネス 2015年3月号 –特集:低温物流-   -新SCM論「面積原価管理」を展開 2015/3
コストに「時間」のモノサシなし!だから製造業は儲からない    -資本効率を最大化する「面積原価管理」-  日刊工業新聞社 2014/5
工場管理2004.NO3 MRPⅡ基礎講座 -MRPⅡへの批判と対応策- 工場管理 2004/3
『ザ・ゴール』の衝撃 - TOC(制約理論)の適用の可能性  企業診断 2002/1
BTO生産システムの開発・導入マニュアル  アーバンプロデュース 2001/5

 

【知的資産経営関連】

平成23年度調査研究事業 知的資産経営支援マニュアル 中小企業診断協会 2011/2/29

 

講演

【面積原価・SCM関連】

日本VE協会 パワーアップ講座
「製造業のビジネスモデルを評価する新しい指標 「面積原価」とその適用による製造業の課題解決」
2014/8/28
日本テクノセンター研修
「資源効率を最大化する原価管理手法とその活かし方」 
2014/12/25

【知的資産経営関連】

東京都中小企業診断士協会 知的資産経営研究会知的資産WEEK
「知的資産経営取り組み事例 千葉アスレティック・クラブ」
2015/11/26