中島熱化学工業 面積原価導入支援

█ 業種:管工事業(化学プラント・メンテナンス)

有害物質の取り扱いが強み

█ 売上規模:  約7億円

█ 年間受注件数:約160件

█ ビジネスモデル:  受注設計からの個別受注生産

 導入の動機:

  • 受注量は漸減も、ニッチな業界で競争相手の廃業・倒産で堅調な需要
  • 固定費を上げない生産性向上が生き残りの鍵
  • 生産性を改善し、現要員で仕事をこなす実力をつけたい

 導入の成果:

①生産性概念の明確化

②案件の生産性見える化

③PDCAによる目標設定、改善点抽出、改善実施

█ 生産性に関する新たな気付き

–相当数の案件で、案件利益率が同等でも生産性の差2倍以上

–カネの出入りも生産性として認識

█ 改善のネタの見える化

–ベテランと若手の生産性の格差 ⇒ 業務の共有化促進

–類似施工 ⇒ プレハブ化

█ 利益率⇒生産性への意識転換と競争意識の芽生え

█ 高生産性案件への受注集中

Copyright © 2018 coherent consulting All Right Reserved.